〇レーザーについて

 
当院では、SP搭載型炭酸ガスレーザー『オペレーザーLite』を使用しています。
このレーザーは、大きく「切開」「蒸散」「凝固」などの操作が可能であり、これにより次のような症例に応用できます。
 
 

・顎関節症

顎関節症の治療に、レーザーは非常に有効です。レーザーを使用することにより、比較的早期に症状を軽減することができます。ただし、すべての症例に適応するわけではありません。
 

・口内炎

最近では、口内炎の治療にレーザーを使用する歯科医院が増えてきています。塗り薬よりも効果が高く、早く治ります。痛みもほとんど伴いません。
 

・歯肉メラニン色素沈着

人によっては、歯ぐきにメラニン色素が多いために褐色がかった色をしている人がいます。レーザーを用いてメラニン色素を蒸散させることにより、きれいなピンク色の歯ぐきにすることができます。ただし、自費治療になります。お気軽にご相談ください。
 

・歯肉整形

審美的な理由などにより、歯肉の整形が必要な場合があります。レーザーを用いると出血も少なく、治療後の痛みもほとんどありません。
 

・根管治療

難治性の根の治療において、レーザーを使用することにより症状の改善をはかることができる場合があります。
 

・後出血

血液をさらさらにする薬を服用していると、抜歯のあとや、歯槽膿漏によって出血が止まらなくなることがありますが、レーザーを用いることによりほぼ確実に出血を止めることができます。
 

・抜歯窩治癒不全

抜歯のあとの傷口に細菌が感染することなどにより、傷口にひどい痛みが生じたり治癒が悪くなる場合があります。その場合もレーザーにより症状の改善をはかることができます。
 

・歯周病

歯周病に対しても、レーザーを用いて症状の改善をはかることができます。
 

・知覚過敏

知覚過敏の症状改善にもレーザー治療は効果的です。